メールのマーケティングを効果的に行う方法

現在では非常に多くの企業がマーケティングにメールを利用しています。その第一のメリットは、何と言ってもコストがかからないことでしょう。DMやテレアポのような印刷費も人件費も不要で、一度に大量の顧客へ情報を発信することができます。広告の製作や発送に専門的な知識が要らず、誰でも簡単に始められることも利点のひとつです。さらにウェブサイトやSNSと連動させて、興味を持った顧客を誘導するといった使い方もできます。メールによるマーケティングは専用のツールを使うことで、開封率やクリック数をカウントし、顧客の潜在的なニーズを把握することが可能です。顧客の希望に合わせて適切な商品をプッシュすれば、より少ない手間で効率的に売上アップを期待できるでしょう。

メルマガを発送するときの注意点

メールのマーケティングで最も普及している手法のひとつはメルマガです。安価で大量の広告を発信するには最も適した方法ですが、一方的に送りつけるだけでは迷惑に思われてしまう可能性があります。逆効果にならないためには、目的と相手を絞って発信する必要があります。メルマガは多彩な情報を盛り込めるというメリットがあります。しかし顧客にとって興味がない情報や不要な情報は、読まれずに捨てられてしまう恐れがあります。顧客が求めていることを分析し、疑問や要望に応える形で内容を作成することが大切です。属性に応じて内容を変えるとか、購買行動の段階に応じて内容をステップアップさせていくなどの手法が考えられます。そのためにはユーザーごとの情報を把握しておくことが欠かせません。

顧客のステータスに合わせて内容を変える

購買行動に合わせて内容を変えていく手法をリードナーチャリングと呼びます。開封率が高く、内容を明確に設定しやすい点がメリットです。ただし顧客ひとりひとりのデータを扱う必要があり、マーケティングの技術的なノウハウが求められます。すでに顧客データベースがある場合は、展示会やセミナーなどのイベントごとに情報を発信するのが有効です。ターゲットがはっきりしていて、費用対効果の計測も容易です。逆に新しい顧客を開拓したいときは、配信会社などから情報を購入し、広告宣伝メールを発信する方法が使えます。いずれにせよ発送自体は簡単で費用もかかりませんが、十分な効果を上げるためにはターゲティングと内容の絞り込みが大切であり、それなりのツールや専門知識が必要になるでしょう。