メールを用いたマーケティング戦略

メールを用いてマーケティングする場合、まず考えるべきは『誰に対してのメール』なのかです。送信する相手のことが分からなければ意味がなく、『誰でも良い』と考えてしまえば、マーケティングとして効果は低いでしょう。だから、どういう人を対象にするのか、性別や職業、性格、困っていること、その人の欲望などを考えた上で利用すると、効果的になります。場合によっては対象となる人を絞り込むために、いくつかのパターンで本文を作成し、それに興味が引かれる人のみを狙うのも良いでしょう。このように送信する相手さえ決めることができれば、質の高い顧客を獲得することに繋がるので、まずは優先して人を集め、その中から希望する人のみを相手にしましょう。後は、その人たちが見込み客から顧客に変えるのみとなります。

何度もアプローチをして親近感を湧かせる

しつこくメールを送ってしまうと、相手に嫌がられる恐れがあると考えてしまい、送信頻度を下げてしまう人は大勢いるでしょう。しかし、これでは相手の心を掴むことができず、いざ大事な情報を提供しても、興味を持って読んでもらえない可能性があります。これでは意味のない作業となってしまう恐れがあるので、大事な情報を送る前に、何度もアプローチすることが大切です。つまり、相手に親近感が湧くように何度もアプローチすることで、相手はしつこいとは考えず、熱心に情報を提供してくれる人だと認識してくれます。これによって、毎回届ける情報をチェックしてくれるようになり、重要な情報を送ってもチェックしてくれます。マーケティングにおいて、相手の心を開かせるよりも、相手が自分に近づけることが重要になるので、熱心に何度もアプローチを試みましょう。

文章で相手の心理や行動を誘導する

顧客として商品を買ってもらうためには、ただ売り込みをするのではなく、相手の心理や行動を文章で誘導することが必要です。メールの文章でしか勝負することができないので、言葉遣いや見せ方を念入りに考えることが重要となります。特に、長文になってしまえば読む気が失せてしまい、面倒に思われてしまう可能性があるでしょう。また、新聞のように何行も続いていれば、ストレスを感じます。このことから、相手にしっかり読んでもらうために、文章を見やすくし、空行を何度も入れて読みやすくしましょう。その上で心理や行動を誘導する言葉を入れると良いです。例えば、限定情報や特別案内などであれば効果的です。希少性のある情報には価値が生まれ、それをついつい求めてしまうのが人間です。それを利用することで、売上げへと繋げることができます。